将来を見据えるならデザイン系専門学校のコース選択が重要

デザイン系専門学校のコース一覧[コースの途中変更もできる]

基礎から勉強できる

デザイン専門学校への入学を検討しているみなさんは基礎を学ぶことを重要視しなくてはいけません。
「基礎から」というのは、デザインを学ぶ人の中には、「新しい技術を学びたい」「面白いマンガの描き方を教えてほしい」「売れるイラストの描き方を知りたい」と、足元を固めていないのに、先へ先へと進みたいと思う人が多いからです。でも、本当に良いデザイナーになるには、「基礎」すなわち、デッサンや色相環や色彩学などのあまり面白くない勉強もする必要があるのです。基礎から勉強できる専門学校を選びましょう。

デザイン専門学校で学んだ卒業生の声

就職に強いのが魅力!

デザインの専門学校は、デザイン業界への就職に強いのが利点だと思いました。同じ学校の卒業生から、デザイン業界で働くことについて話を聞く機会も多いので、働いてからのイメージも湧きやすかったです。また、卒業生が働いている会社からの求人も多く来ます。私も、同じ学校の卒業生が勤めているデザイン会社に就職することができ、先輩下で働いています。

基礎を幅広く学べた

グラフィックデザイン学科でした。色彩、広告、エディトリアル、Web、マーケティング、アプリケーションの使い方、その他選択授業など、グラフィックデザインに関することの基礎を幅広く学びました。私が選んだ専門学校は課題が多いと聞いていて、実力がつきそうと思ったのも入学の決め手の一つです。専門学校選びは、カリキュラムや課題の量、学生の作品の質などをしっかりチェックするといいと思います。また、学校の雰囲気を知るために、体験入学に行くのもおすすめです。

専門知識だけでなく技術も学べて良かったです

デザイン専門学校では、デザインに関する幅広い知識を学ぶことができました。また、豊富な実習を通して専門的な技術も習得できたため、就職の際にも大変役立ちました。

基礎からしっかり学べました

デザインに必要なセンスや才能だけではなく、基礎をしっかりと教えて頂いたことに感謝しています。専門学校なので授業内容も特化しており、とても満足しています。ありがとうございました。

将来も見据えた指導

デザインの専門学校では、プロから知識と技術を学ぶことはもちろん、就職に役立つ情報もたくさん教えていただきました。特に自分の作品をデザインのプロである先生に見ていただき、デザインの中でも自分にはどのようなタイプのものが向いているのかを吟味してくださり、アドバイスをいただけたので、進路を決める時に参考になって良かったです。

将来を見据えるならデザイン系専門学校のコース選択が重要

タブレット

コース選択も自在

デザイン専門学校には、さまざまなコースがあります。グラフィックデザイン・イラストレーション・ビジュアルデザイン・インテリアデザイン・アニメーションなどのコースが作られています。入学時にイラストレータを志望して、イラストレーション科に入っても、学校で学んでいるうちに、空間ディスプレーに関心を持つようになるかもしれません。あるいは、フォトグラフを専攻していたけれども、アニメーションに魅力を感じるようになるかもしれません。そのとき、コースを選び直すことができる、というのは重要です。もちろん、あまりにしばしば変更するのは問題です。しかし、ある程度コースの選択に関しては、緩やかであることは大事です。カリキュラムも、融通がきく部分がある方がよいでしょう。学びたい人は、自分の学科だけでなく他の学科のことも学んでいきましょう。

グラフィックデザインコースも人気

現代のデザインの基本は、ポスターや書物などに代表される平面のデザイン、つまりグラフィックデザインです。このグラフィックデザインを専門学校で学ぼうとする学生は非常に多いのです。実際、卒業後の進路も、印刷・出版関係をはじめとして、広く開かれています。グラフィックデザインを学ぶと、WEBにも、アニメにも応用できます。

写真に特化したコース

デザイン専門学校には、フォトグラファーを目指すための、写真に特化したコースがあります。写真の現像技術や構図などの基本的なことも、パソコンを使った加工などの技術も学びます。写真を学びたい人には、自分の好みをしっかりと把握している学生さんが多いようです。写真は、WEBでも雑誌などでも必要なもので、出版関係の会社など、卒業後の活躍の場は広いのです。写真で磨かれたセンスは、他のデザインの分野でも生かされます。

インテリアデザイナーを目指す

インテリアデザイナーを目指す学生さんに知ってほしいことがあります。インテリアデザインは、自分で学ぶのは難しい、ということです。イラストやマンガは、自分で描いて、雑誌の公募に応募することもできますが、インテリアデザインはどう学べばよいでしょうか。家を実際に建てることや、家具やカーテンを入れ替えるのは、容易ではありませんね。必然的に、専門学校などで学ぶ必要が生まれます。専門学校では、模型作りやインテリアの実習を行い、肌でインテリアを感じ取っていきます。
学ぶのが難しいということは、学んだ人は強いということです。専門学校で学んだということに自信をもって、インテリアデザイナーを目指しましょう。

広告募集中